メディカル・パーソナルトレーニング情報

メディカルトレーニング健康知識~水ダイエットについて~

投稿日:

世の中には水ダイエットという言葉があります。

他の記事でもお話ししたのですが実際に適量毎日飲むことによりやらないより圧倒的に健康的に痩せる効果があることが分かっています。

ただ!!
飲めばよいということでもありません!!
世の中には水を7リットル一気飲みして帰らぬ人になってしまった事件があります!

飲みすぎることによって起こりうる体の不調や悪影響などや、あと適量なんかをここにまとめておきたいと思います

 

そもそも水ダイエットってどんな効果があるの?

水を大量に飲むことによりホルモンバランスを安定させる
汗を多く流しやすくすることにより老廃物を押し出し代謝を上げて脂肪の燃焼をしやすくする
水を飲んでお腹をいっぱいにして食事量を減らす

じゃあどれだけの量を飲んだらいいの?

一概に何リットル飲めばいいという話ではないです。人により変動する物なので!
小泉が個人的に信ぴょう性が高く分かりやすいと思って活用しているのが自分の体重に43.6をかける計算方法です
小泉は80キロあるので80×43.6=3488mlとなります!
例えば他に50キログラムの方は50×43.6=2180mlとなります!!

これはあくまで1日に必要な水分量で目安です!
また一度に飲む量というわけではありません!
そして、この計算どおりに飲めばよいということでもありません!運動するかしないかなどで調節することがつよく推奨されます

ダイエットでは2リットル飲むといいと言われてますが1度に飲んでも効果は出ないとも言われています!

どんなタイミングがいいの??

まず間違いなく言えるのが朝一起きてすぐです。
寝ている間の水分不足を解消できリンパや血流などが良くなります

寝ている時は意外と汗をかいていて呼吸の分を入れて快適な温度でも500ml体内の水分が減ると言われています
なので寝起きにコップ一杯の水を飲むことが奨められます
そうすることで胃腸の働きが良くなり交感神経が働きスムーズに一日を始められます!!

それでいうと同様に寝る前も飲んだ方が良いと言えます寝る20~30分前が良いと言われています

食事前にとることもオススメ!!
先程にも少し言ったのですが食べる前に水を飲むことにより満福中枢が刺激され食事量を抑えることができます!

食事前20~30分前に飲むと満腹中枢が刺激されて脳が勘違いしやすいので狙って飲みましょう!

当然!!運動時
これに関しては量は細かく決まってないです!
飲み方だけ注意で、ゴクゴク飲まないこと!!
血中の塩分濃度が急激に減るとトイレが近くなり逆に脱水してしまうので逆効果!!
やはりこまめに少しづつ飲むことが大切!!
こまめにしっかり飲んでいればデトックス効果も見込めるので一粒で2度おいしい!!!

後は、入浴時なんかは良く汗をかくので水を持って行って長く入ることをお勧めします!!

水の温度は??

おまけですw

水で痩せやすい体にする一つの目的は「代謝をよくすること」でしたよね。
体は熱を発する際に脂肪を燃焼させエネルギーに変えます。
つまり体が温まっていると代謝がアップするのは当然のこと。
では体が冷えてしまうと代謝が抑えられてしまうのは想像に難くないですよね。

キンキンに冷たい水をごくごくっと勢いよく飲むと、体を冷やし代謝が悪くなってしまうだけでなく、胃腸に負担がかかりますし、冷え症の方は悪化させてしまいます。

しかしお湯よりも常温の水の方が、少し冷めた体を平常に戻そうとエネルギーを発するので、実はカロリー消費にはおすすめなんです。

50度ほどの白湯よりも、20~35度の常温の水を飲む方がダイエットには効果的と言えそうです。

 

あとがき

いかがでしたでしょうか?
生きていくのに絶対に欠かせない水ですが健康に生きていくためにはやはりしっかり調節してあげるとダイエットにもなります!

 

いかがでしたでしょうか

なにかご不明点等ございましたらスタッフに聞いてみてください!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
medical-training

medical-training

日本有数の「メディカル」=「医療」のプロであるメディカルトレーナーが一人ひとりの身体を分析し、医療従事者がパーソナルトレーナーとしてあなたに合わせたオリジナルメニューを提供している西東京に所在するフィットネスジムのサイト管理担当者です。

-メディカル・パーソナルトレーニング情報
-

Copyright© メディカルトレーニング|保谷・大泉学園・ひばりヶ丘・パーソナル , 2020 All Rights Reserved.