メディカル・パーソナルトレーニング情報

体を柔らかくするには?!メディカルトレーニング

更新日:

こんにちは。メディカルトレーニングです!
今日のテーマは『柔軟性』についてです。トレーニングはしっかりしているけど、トレーニング前後の整理体操やウォーミングアップ、クールダウンをしっかりやっていますか?ジムになどに行ってパーソナルトレーニングをやっている人であったら、「〇〇さん、どこどこカタイですね〜!しっかりストレッチしてくださいね!」と言われたり、部活動を経験している人だったら「パーフォーマンスをあげるには可動域が大切だよ!」だったり、学生時代に体力測定で行った長座体前屈で全く前に行かなかったりと様々な経験があると思います。しかし、このようなことを言われた時にみなさん必ず思うことがあると思います。「柔軟性てどうやってよくするの?」と、、。
そこで今回は柔軟性をよくする方法をまとめていきます。

スタティックストレッチ
皆さんがストレッチと聞いて思い浮かぶのがこの「スタティックストレッチ」だと思います。スタティックストレッチは同じ姿勢でゆっくりと筋肉を伸ばしていきます。スタティックというのは日本語では「静的」という意味がありますので、反動を付けずに関節を曲げたり伸ばしたりして、筋肉をストレッチしていきます。

バリスティックストレッチ
バリスティックストレッチはスタティックストレッチとは真逆の性質のストレッチになります。スタティックストレッチとは反対なので、ラジオ体操のように反動を付けてストレッチを行います。

ダイナミックストレッチ
最後に筆者がお勧めするのはダイナミックストレッチです。ダイナミックストレッチはバリスティックストレッチ、スタティックストレッチとどちらとも異なります。バリスティックストレッチとは動きを取り入れたストレッチです。動きを取り入れたことによって様々な恩恵を受けることができます。まず一つは、ストレッチ後の運動のパーフォーマンスが下がらずに高いパフォーマンスを発揮することができることです。またダイナミックストレッチを行うことによりケガの予防を行うことができます。トレーニングは反動を使って行うものも多くあります。そのような負荷に筋肉が対応できるようダイナミックストレッチでしっかりと準備しましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
medical-training

medical-training

日本有数の「メディカル」=「医療」のプロであるメディカルトレーナーが一人ひとりの身体を分析し、医療従事者がパーソナルトレーナーとしてあなたに合わせたオリジナルメニューを提供している西東京に所在するフィットネスジムのサイト管理担当者です。

-メディカル・パーソナルトレーニング情報
-, ,

Copyright© メディカルトレーニング|保谷・大泉学園・ひばりヶ丘・パーソナル , 2020 All Rights Reserved.