メディカル・パーソナルトレーニング情報

糖尿病と運動~生活活動のエネルギー消費~

更新日:

糖尿病には1型糖尿病と2型糖尿病の2つのタイプがあります。

2型糖尿病は、生活習慣と密接に関係があります。

特に、食事と運動が影響していると言われています。運動というと筋トレやジョギングのような、身体を大きく使い負荷の大きなものをイメージしますが。買い物は歩くのか車移動なのか、家で過ごす事が多いか、出かけることが多いのか、という、どれだけ身体を動かしエネルギーを消費したか、1日の活動量が多いか少ないでも糖尿病の罹患率は変わってきます。

糖尿病に関する身体活動量と摂取カロリー

寝ている人は、摂取カロリー自体も多い傾向にありますよね。家にいて、動かないで手に届く所に甘いものがあれば、常におなかがいっぱいな状態。少しすいたら、また食べるという状態なので、空腹状態が極端に少ない。そうすると、血糖値がずっと上がり続けている状態だから、特に脂肪はため込みやすくなります。
肥満の高齢者に食事内容を聞くと、結構な割合で「あんまり食べてないんだけどね」と答える方がいます。では、なぜ太っているのかっていうと、ながら食いをしている人がほとんどで。自分の認識してない食べ物っていうのが、とても多い。しかし、活動量がすごくある人は忙しいし食べている時間よりも動いている時間の方が多いから、自然と痩せていきますよね。
糖尿病と生活習慣

活動量の指標とセレクションバイアス

集団を選ぶことによって起きる、バイアス。例えば、たばこを吸っている人が吸ってない人に比べて、癌になりやすいか否かの調査。たばこを吸っている人は吸っていない人と比べて、運動する確率が3倍あったとしたら、これはたばこによる影響なのか運動による影響なのかが分からなくなる。今回の場合では、活動量の多い少ないで、糖尿病罹患率に差があるというデータは、活動量の多い群と少ない群で摂取カロリー量を同じにしないと、活動量が糖尿病罹患に及ぼす影響を比較できないという問題が生じる。
そういったバイアスがあるのは承知の上で、活動量の指標として簡単に入手しやすい、その人の「歩数」を、人の活動量の指標として実施した調査をまとめます。
医師と糖尿病

1日歩数と糖尿病罹患率

歩数を活動量計を腕につけて1日通しての歩数を、家の中でどれだけ動いているか。外に行ったときにどれだけ歩いているか、エレベーターを使うか・使わないか、でどのくらい変わってくるのかっていう統計は、とるべきですよね。

通勤時の歩行分数と糖尿病罹患率

万歩計を携帯する人もそんなに多くない中で、電車通勤をしている会社勤務の方に、駅から自宅までと、駅から会社までの徒歩に要する時間を集計して、徒歩5分未満群と徒歩20分以上群に分けた調査があります。徒歩何分というのは、統計として取りやすい。
糖尿病と血糖値

活動量データから糖尿病について分かること

注意しなければならないのは、歩けば糖尿病や肥満が改善すると分かっていても、2型糖尿病になる人は、分かっているけどできないっていう方が多い。
駅徒歩と糖尿病の関係を調べたという発想は、健康のためにはむしろ徒歩15分ぐらいの職場を選択したほうがいい、と思って選択すれば、通勤も楽しくなります。
なかなか人生を通して、エスカレーターやエレベーターを使わずに階段を使おうとか、1駅分歩こう、とできる人というのは、本当に少ない。だから、今、お金を払って運動させてもらうっていう施設、フィットネス産業が流行っているのは、なかなか自分一人で意識的に歩こうと思えない人が、多い事の表れとも見て取れます。
糖尿病と活動量データ

糖尿病治療から予防へ

日本は、国民皆保険制度で、医療費の自己負担が少なく、何かあっても安心というのは先進諸国をみても類まれな福祉国家といえます。その一方で、糖尿病になってから病院に行く、症状が出てから治療という考えが根付いてしまいました。医療機関を受診した時の窓口負担が安いとはいっても、生活習慣病で通院して支払う費用を積み上げれば月1万円は超える事でしょう。そして、生活習慣病になる事によって、活動が制約される機会損失を費用換算すればその2倍3倍では済まないかもしれません。例えば外食、健康なものを食べると毎回500円高くなったとしても、それを費やす価値があるということです。
糖尿病予防
自分の意識で毎日10分多く歩こう、それができないから、専門家についてもらい、評価シートを定期的にチェックする。毎日の歩数や摂取カロリーなど、をチェックするようなフィットネスで専門家と一緒に行う事で、継続ができますよね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
medical-training

medical-training

日本有数の「メディカル」=「医療」のプロであるメディカルトレーナーが一人ひとりの身体を分析し、医療従事者がパーソナルトレーナーとしてあなたに合わせたオリジナルメニューを提供している西東京に所在するフィットネスジムのサイト管理担当者です。

-メディカル・パーソナルトレーニング情報
-, ,

Copyright© メディカルトレーニング|練馬・西東京・パーソナルレッスン , 2019 All Rights Reserved.