メディカル・パーソナルトレーニング情報

BCAAとは?!|メディカルトレーニング

投稿日:

最近BCAAってよく聞くけど何なの?

BCAAはバリン、ロイシン、イソロイシンの三つのアミノ酸のことをさします。ちなみにアミノ酸とは?メディカルトレーニングの記事を日々見ていただいている方ならお分かりだと思いますがもう一度説明しましょう!アミノ酸とは人間の体の柱となる栄養素タンパク質のもととなるものです。タンパク質を分解するとアミノ酸が生まれます。タンパク質の原料になるわけですから、ダイエットを目的にやっている方、たくましい体を目指している方は必見ですね?!

BCAAとはアミノ酸?

BCAAの日本語で分岐鎖アミノ酸と呼ばれています。アミノ酸は必須アミノ酸と非必須アミノ酸に分類されています。必須アミノ酸はアミノ酸9種類のうち3種類(バリン、ロイシン、イソロイシン)です。

BCAAの1つ目の効果

まず一つ目は、運動など行って疲労した筋肉に対して疲労を回復する効果があります。いくつもあるプロテイン、その他タンパク質系ドリンクの中でボディービルダー、スポーツ選手などが優先的・積極的にホエイ系(動物性のプロテイン)を選ぶ理由の一つに、豆腐、納豆などの大豆製品、カゼイン系のプロテインドリンクに比べて最も BCAAの含有量が多いからです。もちろん現在ではわざわざホエイ系のプロテインを選んで購入しなくても、BCAA単体で販売されます。

BCAAの2つ目の効果!

二つ目はエネルギーとして利用されるということです。ここまでBCAAを見るとBCAAは筋肉の材料にもなるし、エネルギー源にもなるの?!?!と多くの効果驚くと思います。ですが本来、アミノ酸は体の原材料ではありますが、体を動かすためのエネルギー源にはなりにくい素材です。 しかしBCAAに関して言えば、特別にエネルギーとしても利用されることがあります。マラソンのラストスパートでヘトヘトになっている時、格闘技系のスポーツでもう立ち上がれなさそうな時、トレーニングをしてセットの終盤などにBCAAはエネルギーとして使われるようになります。

BCAAの3つ目の効果!

そして三つ目の効果は集中力の維持が期待されます。通常、血液中ではBCAAとトリプトファンというアミノ酸がバランスをとっています。トリプトファンは脳内でリラックス物質の材料となるアミノ酸です。血液中のBCAAが減ってくると相対的にトリプトファンの比率が高くなりリラックス物質が作られ始めます。トレーニング中にリラックスする方がいいという方はあまりいませんよね。トレーニング中にリラックス効果が高くなると集中力が切れる原因になります。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
medical-training

medical-training

日本有数の「メディカル」=「医療」のプロであるメディカルトレーナーが一人ひとりの身体を分析し、医療従事者がパーソナルトレーナーとしてあなたに合わせたオリジナルメニューを提供している西東京に所在するフィットネスジムのサイト管理担当者です。

-メディカル・パーソナルトレーニング情報
-,

Copyright© メディカルトレーニング|保谷・大泉学園・ひばりヶ丘・パーソナル , 2020 All Rights Reserved.