メディカル・パーソナルトレーニング情報

血糖値測定で健康のコントール

更新日:

血糖値を気にされている方必見!

そもそも血糖値ってなに??

血糖値は、血液中に含まれるブドウ糖(グルコース)の濃度のことです。食事中の炭水化物などが消化吸収されブドウ糖となり血液に入ります。このため血糖値は健康な人でも食前と食後で変化します。

血糖の濃度が上昇すると、すい臓から分泌される「インスリン」というホルモンの働きにより、ブドウ糖が身体の細胞に取り込まれ、エネルギー源として利用されます。余分なブドウ糖はグリコーゲンへ変換され血糖値を下げます。グリコーゲンは肝臓や筋肉に貯えられます。

一方、空腹になると血糖値が下がります。そうすると同じくすい臓から分泌されるホルモン「グルカゴン」などの働きにより、肝臓などに貯蔵されたグリコーゲンをブドウ糖に分解させエネルギーとして使い、血糖値を正常に戻します。

血糖値が必要以上に低くなることを低血糖と呼び、血糖値が下がった際の血糖を上げようとする交感神経刺激ホルモンの作用でふるえや動悸の症状が起こり、脳へのエネルギー不足から意識低下や昏睡に至る場合があります。
一方、血糖値が高いまま下がらない状態が続くことを高血糖と呼びます。この状態が長く続くと血管が傷ついて動脈硬化を引き起こし、糖尿病など様々な病気を発症する危険が高まります。

糖尿病とはインスリン分泌の不足か、分泌されても十分に働かないため血糖値が慢性的に高くなる病気です。

血糖値を制するものは健康を制する

上記でもお話したとおり、

食事中の炭水化物などが消化吸収されブドウ糖となり血液に入ります。このため血糖値は健康な人でも食前と食後で変化します。

血糖値変化は、生命維持の中で必然的です。

ただ、工夫次第で、血糖値の上昇をコントロール出来ます。

今日はその工夫をお伝えしていきます。

血糖持続測定装置

通常は健康診断や通常採血の際に【空腹時血糖】ってありますよね。採血をしたその一瞬の血糖データになります。

リブレという、血糖持続測定装置を使って、2週間24時間のモニタリングを行います。

24時間連続したモニタニングにより、朝が血糖値高い人・昼が高い人・夜だけ高い人。

また、血糖スパイクと言う、血糖値の変動率が高い人。

ご飯(炭水化物)が上がりやすい人・パンでは上がりにくい人等、24時間サンプリング来ることでさまざまなデータが見て取れます。

通常の血糖値が高い糖尿病の方

リブレで測定した方のサンプリングです。

※60代男性 10年以上糖尿病 

食後に非常に血糖値の上昇が見られますよね。

 

ちょっとした工夫で改善します

今までどんな事をしても、痩せなかった方。

血糖値の変動をリアルタムで見ていただきながら、改善していきました。

その結果

・HbA1c7.9→6.5

・糖尿病の薬が1つ減りました

・体重ー5kg

 

お昼からの血糖上昇が多かったので、お昼の前の時間にウォーキングを取り入れ

全粒粉のパンは血糖値の上昇が少なかったので、朝と昼のご飯をパンにチェンジ

フィットネスの運動時間を午前中から夕方食事前に変更

まだ血糖の上昇もありますが、少しの意識で変わります。

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
medical-training

medical-training

日本有数の「メディカル」=「医療」のプロであるメディカルトレーナーが一人ひとりの身体を分析し、医療従事者がパーソナルトレーナーとしてあなたに合わせたオリジナルメニューを提供している西東京に所在するフィットネスジムのサイト管理担当者です。

-メディカル・パーソナルトレーニング情報
-,

Copyright© メディカルトレーニング|保谷・大泉学園・ひばりヶ丘・パーソナル , 2020 All Rights Reserved.