スタッフブログ

【下っ腹改善!】2017/08/17

更新日:

こんにちは。

 

メディカルトレーニングです。

 

毎週月曜日・木曜日にフェイスブックより配信している、「自宅でも出来る簡単トレーニング」を

 

このホームページでは、より詳しく説明、配信していきます!!※不定期更新になりますのでフェイスブックもぜひチェックしてください!

 

今回は皆さんの最大のお悩み腹筋から行きたいと思います。

 

腹筋もアプローチ方法を変えれば、より効果的に鍛えられます!

みなさんがイメージされる腹筋運動は【上体起こし】が多いのでは無いでしょうか。

 

腹筋は【肋骨から骨盤】まで付く大きな筋肉です。※図参照

 

上体起こしでは、肋骨からおへその位置の腹筋がよく鍛えられます。

 

 

今回、ご紹介するのは、上半身は動かさずに足や骨盤を動かし、下腹部の腹筋を鍛えていきます。

 

では、行ってみましょう。冒頭は、早送りしていただいて構いません、笑

 

①あおむけになり股関節と膝を直角に曲げます。

 

②膝と膝の間にタオルやクッションを挟んでいただくと更に効果的です!

※膝と膝を合せてしうと合わせた部分にチカラが生まれてしまうので、タオルを落ちない程度に挟んで頂くと効果的です。

 

③手を床について頂き、脚をゆっくり伸ばしていきます。

脚を伸ばす際、かかとが床に近づけば近づくほど、強度が上がります!!

 

④伸ばした脚をゆっくり、最初のポジションへ戻します。

これを10回2セット行いましょう!

 

★★ポイント★★

 

★タオルを膝に挟みチカラの調節を

 

★手を床に(45°開いて床につくと更に効果的)

 

★腰が反ってしまわないようにお腹にチカラを入れましょう。

 

★呼吸は忘れずに!

 

★足は自分の強度に合わせ無理なくやりましょう。

 

★最終的にはかかとが床すれすれに出来るように!

 

フェイスブックより2017/08/17配信

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
medical-training

medical-training

日本有数の「メディカル」=「医療」のプロであるメディカルトレーナーが一人ひとりの身体を分析し、医療従事者がパーソナルトレーナーとしてあなたに合わせたオリジナルメニューを提供している西東京に所在するフィットネスジムのサイト管理担当者です。

-スタッフブログ

Copyright© メディカルトレーニング|練馬・西東京・パーソナルレッスン , 2019 All Rights Reserved.